養毛剤について~育毛剤と発毛剤との違い~

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いはなんだろうか。


育毛関連商品を分類すると、育毛剤、養毛剤、発毛剤があります。
どれも同じに思えますが、それぞれに期待できる効果効能には違いがあります。
効果が大きい順でいうと、発毛剤>育毛剤>養毛剤の順番となります。
ただし、実際の効果のほどは、人それぞれになります。


自分の頭皮や髪の状態に合えば、養毛剤でも発毛効果は期待できるでしょう。
3つの違いを比較します。
育毛剤とは、医薬部外品であるものが多い。
そのこうかの範囲は「育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛」となります。
したがって、育毛剤とは、「発毛を促進」させて、抜け毛を予防するものになります。
発毛剤とは、明確に「発毛」効果を謳っている商品が該当します。
例えば、リアップやプロペシアといった医薬品が相当します。
リアップに記載されている効果効能を見ると、「壮年性脱毛症における発毛」と明快に記載されています。


養毛剤とは、化粧品レベルの商品となり、効能としては、「頭皮、毛髪をすこやかに保つ」こととなります。
頭皮や髪に栄養やうるおいを補給し、髪を健康に保つことが目的となります。
近年は男性のみならず、薄毛や抜け毛で悩む女性向けの養毛剤も開発され、性別や年代を問わず幅広い層から愛用されています 。
養毛剤のタイプは2つに大きく分けることができます。
養毛剤は大きく分けて『発毛促進タイプ』と『抜け毛抑制タイプ』の2つにわかれます。
発毛促進タイプは、頭皮の血行を促進する効果が主流です。
毛根は血中から酸素と栄養分を補給しているので、血行を促進することで栄養分の供給が潤滑となり、発毛を促進することができるのです。
一方の抜け毛抑制タイプは、AGA(男性型脱毛症)の主原因
『DHT(ジヒドロテストステロン)』の生成を行う『5α-リダクターゼ』の働きを阻害する効果がメインとなっています。


ネット通販における養毛剤の人気を調べてみました!